Day 345:多様化するオープン・リレーションシップ

IMG_5022.JPG

出張に出かける日、いろんなことを前倒しにやっていたので少しだけのんびりできた。バイセクシャルの妻とオープン・リレーションシップに挑戦しているという人と話をした。最初は、二人ユニットで、第三の女性とデートするというのを試していたが、子供が二人いるのでロジスティックスがうまくいかず、それぞれバラバラにデートする、という方法に切り替えているのだという。が、公表はしていない。「まだジャッジする人がいるんだよね」。みんながオープンに話すようにならなければジャッジも減らないね、という会話をした。

メインのパートナーはいるけれど、その外で恋愛活動をするオープン・リレーションシップというやつは、かつては、かつては別れへの第一段階というイメージが強かった。二人の関係が停滞してしまい、外でチョロチョロするのもよしとするというルールを適用することにしたはいいけれど、結局それが二人の関係にとどめを指す結果になってしまう、ということがけっこうあった気がするのだ。それが最近は、建設的にオープン・リレーションシップを実践している人も増えている。そしてその形も多様化していて、自分たちでしっくりするルールを構築しながらやっている人たちがいるのが興味深い。ルールは当事者たちが決めればいいよね。

備忘録:なぜより多くの既婚のカップルが関係を開放しているのか(Menshealth)

オープン結婚のカップル9組が見せる実際の関係の形(Insider)

Yumiko Sakuma