Day 320:ヘイトには愛を

FullSizeRender.jpg

前回帰ってきたときに、作っていただいたインソールの再調整に行った。インソール屋の森くんに教えてもらった足の体操+インソールのおかげで、腰痛・背中痛はすっかり軽減されている。

それはそうと相変わらずニュースは主にTwitterで見ているのだが、Twitterはヘイトが怖い。開けるたびに、私がフォローしているアカウントのみなさんが、柳美里さんに粘着している人とか、カンヌで賞を取った是枝裕和監督を在日認定している人とか、ヘイトの塊のような人たちと対峙している。アメリカは違うかというと、もちろんそんなことはなくて、特にトランプ以降は、大統領から承認されたかのように、ヘイトを撒き散らしている人たちがいる。先日、銃撃事件が起きたテキサス州サンタフェの学校の前に、アメリカ国旗と銃を持ってきた男の姿を見たし、最近では、ニューヨークのカフェでスペイン語を話していた人を「不法滞在」と決めつけて罵倒した男の映像を見た。

こういうヘイトにどう立ち向かえばいいのだろう、と無力感を感じていたら、「人種差別の弁護士の自宅の外でラテン・パーティ」とのヘッドラインを見た。デモだけど、歌ったり踊ったりしていて楽しそうだ。そうか、ヘイトには愛。愛で対抗すれば良いのだ。なんて素敵なんだろう。またひとつ教えられた。

備忘録:ニューヨーカー、弁護士の人種差別暴言に「ラテン・パーティ」で対抗(The Guardian)

Yumiko Sakuma