Day 239:インフルエンサーつれづれ

午後、リネンのブランドBlluemadeにスタジオ訪問し、鍼に行って、ジュディの店に顔を出し、えびちゃんと夜ご飯を食べた。Blluemadeのリリーとマーケットウィークの話をしていたら、ブロガーたちがやってきて、そのあとメールがくるのだが、商品をくれたらポストしてあげるよ的なものばかりで、中にはお金を要求してくる人もいて辟易しているという話をしてくれた。

それってダメなんじゃなかったっけ?と思ったが、「ペイドコンテンツ(記事広告)である」と断れば良い、ということになっているのであった。そんなことでブログのコンテンツは成立するのだろうか?といえば、まあ自分の本当に良いと思うブランドだけにアプローチすれば、テーストの一貫性は保てるかもしれないけれど、それにしても、「ペイド」と書いてあれば記事広告だとわかるわけだから、となると読者の受け取り方も変わってくるし、そういうこともインフルエンサーの影響力低下につながっていて、完全に墓穴を掘ったような形になっているわけです。今の世の中にはこういう人がうようよいるけれど、実際に同じことをしながら影響力を保っているインフルエンサーもいるわけで、そのへんの見分け力が必要な世の中である。ブログ界の「エスタブリッシュメント」について書いた記事がおもしろかった。

ところで余談であるが、インスタアカウント@SHITMODELMGMTがフォトグラファー、デザイナーの「セクハラ・ブラックリスト」を公開して、世の中がざわついております。こちらは違う意味でのインフルエンサーですね。

備忘録:アフルエンサー 実際に影響力のあるインフルエンサー(The Cut)

インスタアカウント@shitmodelmgmt、性的暴行からモデルを守るためにブラックリストを公開(Fashionista)

IMG_1865.JPG
Yumiko Sakuma