Day 238:ゼロ・ウェイストと環境汚染

FullSizeRender.jpg

最近、ゼロ・ウェイスト(ゴミなし)を目標に掲げる企業が増えている。ゴミ問題が本当に深刻なのだ。私もせめてトライしてみようと思ったけれど、これがけっこう難しい。生ゴミはコンポストして、ビン・カン・紙はリサイクルする。プラスチックのバッグは基本的にもらわない方針だけれど、それでもたまに急な買い物とかで受け取ってしまったり、友達が持ってきたりするので、まとめて集荷の場所に持っていく。知らなかったのだが、NY市では、1万平方フィート以上の店舗面積がある、または5軒以上の店舗を持つ小売りチェーンで、プラスチックバッグを使っているところは、回収箱を作ることが義務付けられている
 

朝方ジュディのところに手伝いに行ったので、この話をすると、「いまだにプラスチック・バッグが作られているのが信じられない」とため息をつく。「昔このあたりにはたくさんプラスチック・バッグの工場があったんだよ」。そして今でも、まだ何軒かは残っている。ちなみにグリーンポイントは、ブルックリンのなかで一番、喘息の発生率が高いエリアのひとつである。1978年にはすぐそばの運河にエクソンモービルが石油を流出する事件があったし、今はもう廃業した近所のプラスチック・バッグ工場跡地では深刻な土壌汚染が報告されている。汚染地図を見るとうちはギリ入っていないけど、とても近い。今このあたりにはがんがん高級アパートや高級コンドが建っている。

こういう地元ニュースを届けてくれていたGothamistは、去年、急に閉鎖した。みんながっかりしていたけれど、Yの公共ラジオ放送WNYCの傘下に入って再開するという。なんかうれしいニュース、久しぶりに聞いたな。

備忘録:インタラクティブ・マップでわかるグリーンポイントとウィリアムズバーグの汚染地域(Gothamist)

Gothamist、WNYCと契約して出版再開(The New York Times)

Yumiko Sakuma