佐久間裕美子 ニューヨーク在住ライター。慶應大学卒業後、イェール大学で修士号を取得。1998年からニューヨーク在住。出版社、通信社などを経て2003年に独立。政治家(アル・ゴア副大統領、ショーペン元スウェーデン首相)、ミュージシャン(坂本龍一、ビースティ・ボーイズ、マーク・ロンソン)、映画監督(ウッディ・アレン)、作家(カズオ・イシグロ、ポール・オースター、ゲリー・スナイダー)、デザイナー(川久保玲、トム・フォード、トム・ブラウン)、アーティスト(草間彌生、ジェフ・クーンズ、杉本博司、ライアン・マクギンリー、エリザベス・ペイトン)など、幅広いジャンルにわたり多数の著名人・クリエーターにインタビューしてきました。著書に「ピンヒールははかない」(幻冬舎)、「ヒップな生活革命」(朝日出版社)、翻訳書に「世界を動かすプレゼン力」(NHK出版)、「テロリストの息子」(朝日出版社)。2013〜2014年にはiPAD マガジンPERSICOPE 主宰。

I am a New York based writer who specialize in interviews and reportage. I mostly write for Japanese publications such as Brutus, Popeye, Wired Japan, but occasionally interview Japanese artists for English language publications. 

My past interviews include politicians (Al Gore), movie figures (Sean Penn, George Clooney, Wes Anderson, Woody Allen), musicians (Ryuichi Sakamoto, Beastie Boys, Mark Ronson), designers (Rei Kawakubo, Tom Ford, Thom Browne) authors (Kazuo Ishiguro, Paul Auster), artists (Yayoi Kusama, Hiroshi Sugimoto, Ryan McGinley, Tim Hetherington, Elizabeth Peyton), legends (Robert Frank, Genna Rowlands, Gary Snyder, Les Paul), and many many more.

I was also a co-founder of the independent digital magazine PERISCOPE and the author of Hip Na Seikatsu Kakumei (Hip Revolution) which came out in Japanese in 2014 and was translated into Korean in 2016.

My latest work is a collection of short essays titled Pin Heel Wa Hakanai (Take Off Your Heels) which came out in June 2017.